おいしいアボカドの選び方&失敗した時の対処方法

アボカド

アボカドの選び方

アボカドは、栄養価が高くオレイン酸という悪玉コレステロールを抑制する栄養を持ち、ビタミン・ミネラル・コエンザイムQ10も多く含まれ食べる美容液とも呼ばれています。
カロリーは高めなアボカドですが、うれしい事に糖質量はそれほど高くありません。
ただし、食べすぎはよくないので、1日半個~1個が適量のようです。

そんなおいしくて体にいいアボカドですが、食べごろやおいしいものを見分けるのが結構難しいですよね。
おいしいアボカドを選ぶにはどこを見ればいいか?
ポンイトは、3つあります。

アボカド

■ヘタと実の隙間のないもの

脂肪が少ないアボカドは、その分、水分が多いので乾燥する割合が大きく、追熟していくとヘタと皮の間の隙間が大きくなります。
なので、
ヘタが取れていなくて、ヘタと皮の間に隙間がないものが、脂肪分が多くおいしいアボカドです。

■色が濃いもの

濃い緑で黒みがかっているものが、よりおいしいようです。

■皮にツヤがありデコボコしていないもの

皮にツヤや張りがあるものは中身がしっかりつまっている可能性が高いです。
また、表面に傷があるものはそこから傷んでいる場合があるので避けた方がよいです。

と、選び方は、こんな感じです。
上記に当てはまらないもの全てがおいしくないわけではないのですが、選ぶときのひとつの目安になるかと思います。

が、それでもハズレに当たってしまったり、食べるタイミングをはずしてしまう場合も・・・

そんな時の対処法をご紹介します!

固いアボカド

アボカドがまだ固かった場合、炒めたり揚げたり、火を通すとやわらかくなっておいしく食べることが出来ます。
600wの電子レンジで30秒~1分ほど加熱でもOK。
レンジで加熱するときは、半分に切って種を取り除き、耐熱皿に断面を下にしてのせチン♪

熟しすぎたアボカド

熟しすぎてスジっぽくなってしまったアボカドは、ザルでこしてしまうとスジを簡単に取り除けます。

ザルでこしたアボカド

ザルでこしたアボカド

こしたアボカドは、ディップにしたり、パスタにからめたり、ポテトサラダに入れるとおいしく食べられます。
苦味がある場合は少量のハチミツをいれると食べやすくなるのでオススメです!




アボカドのおすすめレシピ

 

トモアイコン

いかがでしたか?
アボカドは当りハズレが多くて選ぶのが難しいのですが
少しでも参考にして頂けたら、とってもうれしいです!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2018 トモの楽チンかんたん節約レシピ